訪問歯科診療の実施

訪問歯科診療の実施について

介護事業の手伝いをすることも

高齢社会の進展に伴い、多くの高齢者が歯のために通院できない状況が出ておりますのでこれに対応するために訪問歯科診療が実施されています。診療対象者は「通院が困難な人」で、診療内容は虫歯・歯周病などの治療、入れ歯の作成・修理、口腔内のケアをはじめ誤嚥が原因となる肺炎の予防や口腔機能のリハビリまで、各高齢者の体力や在宅ケアの状況に合った対応をしてくれます。歯科医師と衛生士が出張して、歯にトラブルを抱えているのに通院ができないで食べることも困難な高齢者を診療することにより介護事業にも大きな貢献をしていますので、必要な時は利用することをお勧めします。

歯科医も出張治療する時代です。

コンビニよりも歯科医院がおおくなり、あきらかに医師過剰な時代です。いっぽうで、過疎地に住む方々は、医院の撤退や廃業で、歯の治療に行きたくても行きにくい状況があります。その人達からすれば、出張した先生に自分の暮らす地元で歯の治療を受けられれば、それにこしたことはありません。そのほかにも、自分が住んでる地区に、歯医者さんが開業していたとしても、治療を受ける本人が寝たきりであったり、外出が難しい高齢者は、出張治療を希望しています。そんないろいろなケースの要望に応えるように、患者さん優先で柔軟に対応する歯科医院があります。

↑PAGE TOP