歯医者について調査する

歯医者に行く習慣をつける

歯医者での定期的な検診が重要

日本人の平均寿命が延びていることは新聞などで報じられますが、肝心な健康寿命が報じられることは極めて稀です。健康を損なって生きていくのは、本人にとっても、ご家族にとって辛いことですから、何とか健康寿命を延ばしたいものであり、そのためには歯医者さんでの定期的な検診を省くわけには行きません。かつて、国が奨励ししていた「8020(ハチマル・ニイマル)運動」は、80歳で20本の歯を保とうというもので、健康上、歯の咀嚼機能はとても大切なポイントです。そのためにも検診が必要ということなのです。

歯医者での歯科検診の重要性

歯が痛くなったら歯医者に行くという人も多いですが、歯科検診というものもあります。歯科検診を受ければ、虫歯や歯周病の予防や早期発見につながります。歯科検診の歯周病や虫歯のチェック、歯垢や歯石の除去など、基本的な診断項目はすべて保険適用内で受けることができます。また、初期の虫歯については自覚症状さえほとんどないため、なかなか気づくことが出来ませんが、歯科検診ではそういった虫歯も見つけることができ、早期発見早期治療をすることができます。

↑PAGE TOP